パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

用語解説:しきい値とは、なんですか?

ID:
11073
公開:
2016年09月29日
更新:
2018年01月18日

用語解説:しきい値とは、なんですか?

回答

デジタル表示のレーザセンサやファイバセンサにおいて、入光状態と非入光状態を区別する境目の

のことを、しきい値と呼びます。

 

デジタルレーザセンサ HG-C1050 で具体的に説明します。

 

HG-C1050にはデジタル表示が装備されており、初期状態において、測定中心(50.00㎜)でデジタル

表示は0.00(㎜)、測定範囲内の測定近点で15.00(㎜)、測定遠点で-15.00(㎜)となります。

 

例えば、しきい値を0.00(初期状態)、動作設定をL-ONとすると、測定中心(50.00㎜)よりセンサに

近い側が入光状態、遠い側が非入光状態となり、ワークがしきい値よりも近い側にある時にセンサ

出力がONします。(図 例1 参照)

 

 

 

 

しきい値を1.00に設定変更すると、センサから49.00(㎜)の位置(測定中心より1.00㎜センサに近い

位置)がしきい値の位置となり、この位置よりセンサに近い側が入光状態、逆に遠い側が非入光

状態(図 例2 参照)となります。

 

 

 

 

 

HG-Cシリーズの仕様は、こちらをご覧ください。

  ⇒ https://www3.panasonic.biz/ac/j/fasys/sensor/photoelectric/hg-c/index.jsp?id=faq11073

 

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話・FAXでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る