パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

センサ出力のNPNとPNPは、何が違いますか?

ID:
11132
公開:
2016年11月14日
更新:
2018年04月03日

センサ出力のNPNとPNPは、何が違いますか?

回答

わかりやすくするために、相違点と共に、類似点も回答します。

 

<類似点>

 

どちらも半導体のトランジスタという名称の部品で、センサの中では、“スイッチ”として機能します。

光電センサや近接センサが、別名、光電スイッチ、近接スイッチと呼ばれるのは、このためです。

センサが検出物体を検出すると、NPN出力または、PNP出力がON(または、OFF)します。 

 

 

 

<相違点>

 

NPNトランジスタとPNPトランジスタの違いは、N型半導体とP型半導体の“重なり方”ですが、センサを使用

する上で、お客様側でこの内容を気にされる必要は、基本的にありません。

 

 

 

 

 

 

注意すべき事項は、NPNトランジスタ出力の場合、負荷を流れる電流がNPNトランジスタに対して、流れ

込んでくる、という点です。

(PNPトランジスタ出力の場合、負荷に流れる電流は、PNPトランジスタから流れ出ます。)

このため、負荷の接続の仕方が異なります。

 

 ・NPNトランジスタ:+Vと出力の間に負荷を接続

 ・PNPトランジスタ:出力と0Vの間に負荷を接続

 

その他の相違点を下表にまとめてありますので、必要に応じてご確認願います。

(わかりやすくするために、NX5シリーズを例に上げ、リレー出力も併記しています。)

 

 

 

 

NPN出力タイプの機種例(EX-Z□)、PNP出力タイプの機種例(EX-Z□-P)の詳細は、こちらを

ご覧ください。

 ⇒ https://www3.panasonic.biz/ac/j/fasys/sensor/photoelectric/ex-z/index.jsp?id=faq11132

 

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話・FAXでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る