パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

CC-Link通信は正常。エンドユニット未接続のため入光量が取得できない。

ID:
40577
公開:
2017年08月03日
更新:
2017年08月22日

CC-Link通信は正常。エンドユニット未接続のため入光量が取得できない。

回答

CC-Link対応通信ユニット SC-GU3-01を使用し、デジタルセンサ(例:FX-501)の入光量(注)を取得

する場合、エンドユニット SC-GU3-EUが接続されていないとコマンド送信・入光量取得ができません。

必ず、SC-GU3-01をデジタルセンサの後ろに接続してください。

なお、光通信非対応機種(例:FX-411)が混在する場合は、その前にSC-GU3-01を接続してください。

 

 

【原因と対策】

 

 

 

 

 

【各ユニットの表示灯の状態】

 

SC-GU3-01が未接続でも、CC-Link通信は正常(ERR、LERR:消灯、SD、RD:点灯)となります。

 

 

 

 

 

 

【QJ61BT11Nバッファメモリの状態(入光量未取得の状態)】

 

 ・FX-501×3台の入光量は、4局設定の場合、SC-GU3-01のリモートレジスタ RWr(0)~RWr(2)

  入ります。(図5参照)

  したがって、GX Works2のデバイス/バッファメモリ一括モニタで、バッファメモリの先頭アドレスを

  2E0Hにして確認します。

 

 

 ・SC-GU3-EUが未接続の場合、02E0H~02E2Hに入光量データは入らない。

 

                                              

 

 ・リモート入力 RX(1)(QJ61BT11N バッファメモリ 00E1H)のbit15を確認すると、1(EU未接続)となる、

  (図6参照)

 

  

 

 

                           

 

【QJ61BT11Nバッファメモリの状態(入光量取得の状態)】

 

 ・SC-GU3-EU接続すると、02E0H~02E2Hに入光量データが入る。

 

 

 (注) 実際に取得できるデータは、内部回路の検出値(生値)であり、検出値 = 入光量(FX-501表示値)

    ではありません。

    検出価は内部回路でバラツキがあり、GX Works2上で連続取得すると、02E0H~02E2Hのデータは

    バラツキます。

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る