パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

「エラーコード」と「異常受信応答コード」の違いとは。

ID:
41204
公開:
2020年01月10日
更新:
2020年01月14日

「エラーコード」と「異常受信応答コード」の違いとは。

回答
エラーコード」は、レーザマーカの操作またはレーザマーカ本体の状態によりエラーが発生した場合に、エラー内容を示すコードです。
レーザマーカの表示パネルに「 E+3桁の数字:E〇〇〇」と表示されます。(詳細は後述)

異常受信応答コード」は、シリアル通信RS-232CまたはEthernet)にて要求データを受け付けられない場合に、レーザーマーカーが送信する応答データ内の「応答コード」です。(詳細は後述)

まれに「エラーコード」と「異常受信応答コード」が混同されることがあります。それは会話で、「異常受信応答コード:E0200」を「E 200」と省略することがあるためです。正しい対策を行うため、「表示パネルに表示されている」のか、「応答データ内にある」のか注意してください。
また、PLC側のデバイスモニタには電文をゼロサプレス表示するものもありますので、ご注意ください。
混同される可能性が高いコードは、 E200とE0200E300とE0300E400とE0400E500とE0500 および E600とE0600 です。(2020.01月現在)

〔付記〕LP-300 / -400 / –V / –Z / –S / -S500W / –M / -MAシリーズでは、異常受信応答データのフォーマットが異なるため、上記の様な混同は発生しません

<資料>
■ エラーコード
レーザマーカの操作またはレーザマーカ本体の状態によりエラーが発生した場合に、エラー内容を示すコードです。「E」+「3桁の数字」からなります。
レーザマーカの表示パネルに「 E+3桁の数字:E〇〇〇」と表示されます。
   (参照:各マニュアル巻末の「トラブルシューティングエラー表示の対応」)

LP-RC / -RF /-RVシリーズは「コントローラの表示パネル」に表示されます。
   (参照:設置・メンテナンスガイド「3-2-3 コントローラ表示パネルの操作」)
LP-GSシリーズは「ヘッド部表示パネル」に表示されます。
                                   (参照:設置・メンテナンスガイド「1-6-1 ヘッド」)



■発生したエラーコードの履歴
履歴は、レーザマーカ設定ソフト「Laser Marker NAVI Smart」の「メンテナンス>エラー履歴」で確認できます。 
(参照:Laser Marker NAVI Smart 操作マニュアル「 6-2 エラー履歴を確認する

■エラーコード:抜粋
エラーコード

■ 異常受信応答コード

シリアル通信
RS-232CまたはEthernet)にて要求データを受け付けられない場合に、レーザーマーカーが送信する応答データ内の「応答コード」です。
        (参照:シリアル通信コマンドガイド「2-3-3 応答データ 異常受信応答データフォーマット」)
異常受信応答

■コマンド電文の履歴

履歴は、レーザマーカ設定ソフト「Laser Marker NAVI Smart」の「メンテナンス>コマンド履歴」で確認できます。
        (参照:Laser Marker NAVI Smart 操作マニュアル「 6-3 コマンド履歴を確認する

■応答コード:抜粋

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る