パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

タイマーの電源スタートと信号スタートの違い

ID:
4834
公開:
2012年06月01日
更新:
2016年12月13日

タイマーのスタート方式(限時動作発生)で
電源スタート(パワーオンディレー)と信号スタート(シグナルオンディレー)の2種類がありますが、違いがよくわかりません。

回答
それぞれの特徴をご説明します
【動作の違い】
電源スタート(パワーオンディレー):
タイマ電源のON/OFFをきっかけに限時動作(タイマ動作)を開始します。
信号スタート(シグナルオンディレー):
予めタイマの電源はONさせておき外部からのスタート信号をきっかけに限時動作(タイマ動作)を開始します

【精度の違い】
◆電源スタート:(パワーオンディレー)
電源ONと同時に限時動作がスタートするので、不安定な状態での使用となります。ゆえにスタート直後は動作時間がばらつくことがあります。
◆信号スタート:(シグナルオンディレー)
限時動作がスタートする前にタイマは電源ONとなっているので
時間精度はばらつきが少なく安定しています。

◆アナログタイマの場合:
どちらのモードでも精度に大きな違いはありません
◆デジタルタイマの場合:
影響が出る場合があります
0.01秒単位までの細かな時間制御を実現したい場合などは
信号スタートを推奨します
関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話・FAXでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る