パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

焦電センサ:標準検出タイプと壁取り付けタイプ使い分けを教えて下さい

ID:
11078
公開:
2016年09月30日
更新:
2016年09月30日

標準検出タイプと壁取り付けタイプがありますが、標準タイプは壁には取り付けできないのですか?

回答

標準検出タイプも壁取り付け(水平方向検知)は可能です。

 

壁取り付けタイプと標準検出タイプの大きな違いは検知エリアになります。

壁取り付けタイプは、壁に取り付けた時、天井方向(上部)に検出エリアがありません。

(※規定の向きで取り付けた場合)

上部エリアでの誤検知(照明器具の点灯、エアコンの風等)をできるだけ防ぎたい場合などにお勧めです。

(環境によりますので、非検知の保証はできません)

 

下記に2タイプの、壁取り付け時の水平方向の検知エリアを添付しますので参照下さい。

(Y軸の広がりを比べて下さい)

 

壁取り付けタイプ

 

標準検出タイプ

 

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る