パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

FP0(10K)からFPΣ(シグマ)に変更したときに、同じプログラムを使用する際、注意すべきことは何ですか?

ID:
2012
公開:
2002年11月05日
更新:
2015年05月28日

FP0(10K)からFPΣ(シグマ)に変更したときに、同じプログラムを使用する際、注意すべきことは何ですか?

回答
質問:
IO点数増のため、FP0(10K)からFPΣに変更した。RS232C機器と汎用通信をさせているため、F144命令をF159に変更したが、長時間電源OFF後の最初の電源投入時に不要な通信をしてしまう。また保持にしていない内部リレーが勝手にONしてしまうこともある。 

回答:
メモリバックアップ用電池を装着してください。品番AFPG804 ¥1250(税別)です。
FP0(10K)は2次電池を内蔵していますが、FPΣは別売の電池を購入していただく必要があります。保持エリアのデータはバックアップがされていないと値が不定になります。
関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る