パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

Ver1.13のFP10SHでデータエディタを使いデータのバックアップをしようとしたら、エラー61が出ました。

ID:
2451
公開:
2003年10月31日
更新:
2015年04月21日

Ver1.13のFP10SHでデータエディタを使いデータのバックアップをしようとしたら、エラー61が出ました。

回答
「エラー61」はPLCのデバイスやシステムレジスタに対して、設定出来ない番号を指定して読み書きしようとするとPLCから返してくるパラメータエラーコードです。
しかしこの場合は、設定値エリアSV、経過値エリアEVの読み出しで、マルチフレームコマンド非対応CPUに対して操作を行った時のエラーです。
データエディッタはマルチフレームコマンドにより読み書きを行っています。その為、デバイスを全選択するとこのSV、EVも含まれてしまい、マルチフレームコマンド非対応CPUの場合、実行出来ずにエラー61が発生します。FP10SHはVer1.17以前のCPUではこのコマンドに対応していない為に発生します。SVとEVの指定を外せば、その他のデバイス読み出しは実行出来ます。
なお、SV、EVマルチフレームコマンド対応・非対応CPUの一覧を示します。
【対応CPU】
FPΣ   :Ver1.00以上
FP2   :Ver1.00以上
FP2SH :Ver1.00以上
FP10SH:Ver1.18以上
【非対応CPU】
FP0、FP-e、FP1、FP-M、FP3、FP5、FP10、FP10S、
FP10SH:Ver1.17以下
関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る