パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

FPメモリローダ:ERROR LED(赤)が点灯した場合の処置

ID:
3148
公開:
2006年12月13日
更新:
2013年05月30日

FPメモリローダを使ってPLCへ書き込もうとしたら、ERROR LED(赤)が点灯しました。
どのように対処すれば良いでしょうか?

回答
・エラーのクリアは、転送開始SW を押すか、一旦接続をはずすことで可能です。

<PLC →FP メモリローダへの転送の場合>
・PLC のプログラムにパスワードプロテクトがかかっている場合が考えられますので、
 ツールソフト等を使って、プロテクトを解除した後、再度実行してください。
・4桁パスワードデータ、8桁パスワードデータのいずれも、プログラムとともに読み出して
 格納されます。

<FP メモリローダ→PLC への転送の場合>
・PLC がRUN モード、ROM 運転モード、またはメモリプロテクト状態になっている可能性が
 ありますので、PLC の状態を確認してください。
・FP メモリローダにプログラムが入っていない、またはPLC の機種違いの可能性があります
 ので、PLC の機種を確認し、コピーするマスタープログラムをアップロードしなおしてから、
 再度実行してください。
・FPメモリローダ→PLC転送動作とPLC状態との関係
 (書き込み対象のPLC状態)
  ①4桁パスワードプロテクト
  ②8桁パスワードプロテクト
  ③読み出し禁止
  ④RUNモード
  ⑤ROM運転
  ⑥メモリプロテクト

 ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ 
 ○ ― ― × ― ― FP0・FP-e・FPΣ12K
 ○ × ○ × ― ― FPΣ32K
 ○ × ○ × × ― FP-X
 × ― ― × × × FP2・FP2SH
 ○:書き込み可能 ×:書き込み不可 -:対象外

注)8桁パスワードプロテクト設定されたFPΣ32KやFP-Xからプログラムを読み出し、
それを8桁パスワードの登録されていないFPΣ32KやFP-Xにダウンロードすることはできますが、
ダウンロード直後、電源を切らない状態ではパスワードオープン状態になっています。
電源を切断した後は、8桁パスワードプロテクトがかかります。
 
(2006年12月現在の情報です)
関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る