パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

LP-Z/ -S/-S500W/ -M/ -MAシリーズ:シリアル通信で「対応できる制御」と「対応できない制御」

ID:
41390
公開:
2021年03月31日
更新:
2021年04月15日

LP-Z/ -S/-S500W/ -M/ -MAシリーズ:シリアル通信で「対応できる制御」と「対応できない制御」

回答

I/Oによる制御に対して、

シリアル通信制御で「対応できる制御「対応できない制御まとめました。

 


□シリアル通信で対応できる制御

 ○インプット/アウトプットターミナル

  ・トリガ入力(端子番号:X6)==⇒・コマンド:MRK(印字トリガ)
  ・レーザ励起入力(端子番号:X 9)==⇒・コマンド:LSR(レーザ励起)
                             (DIPスイッチNo.2をONに設定)

  ・シャッター制御(端子番号:X10-X11)==⇒・コマンド:SHT(シャッタ)
                             (DIPスイッチNo.2をONに設定)

  ・印字レディ出力(端子番号:Y 6)==⇒・コマンド:STS(ステータスリクエスト)
  ・印字終了出力(端子番号:Y 8)==⇒・コマンド:MST(印字ステータス送信許可)
  ・レーザ励起完了出力(端子番号:Y 9)==⇒・コマンド:STS
  ・シャッタオープン出力(端子番号:Y10)==⇒・コマンド:STS
    ※端子番号:Y11:シャッターオープン2出力(LP-Mxxx/ -MAxx タイプのみ)はY10と同じ。

  ・ワーニング出力(端子番号:Y12)==⇒・コマンド:STSMSTECR(エラーコード)
  ・アラーム出力(端子番号:Y13)==⇒・コマンド:STSMSTECR

 I/Oコネクタ

  ・ファイル番号変更==⇒・コマンド:FNO:ファイル変更(番号指定)
  ・カウンタ調整==⇒・コマンド:CNT:カウンタ条件
  ・カウンタリセット==⇒・コマンド:CTR:カウンタリセット
  ・ガイドレーザ入力==⇒・コマンド:GID:ガイド LD 表示(※DIPスイッチNo.2をONに設定)

[コマンド概要]+++++++++++++++++++++++++++++++++++

MRK:印字トリガ
    印字トリガ( レーザ照射開始トリガ) を入力します。
    ・トリガ種別に「トリガ印字」が設定されているときは、印字指定の内容にかかわらず
     コマンド受信時に印字を行ないます。
    ・移動体の等間隔印字が設定されている場合は、印字開始・印字停止の指示を行います。
                                   (LP-S500W 除く)
    ・印字トリガが受付けられない状態( 印字レディがOFF) の場合にこのコマンドが送信
     された場合、異常受信応答がレーザマーカから返されます。

LSR:レーザ励起
    レーザ励起のON/OFF を制御します。(※DIPスイッチNo.2をONに設定)
    ・コントローラ背面のDIP スイッチ(No.2) がOFF のときは、このコマンドによるレーザ
     励起の制御を行なうことはできません。
    ・レーザ励起をONしてから励起が完了するまでに、LP-Z/ -S/ -M/ -MA シリーズは約20秒、
     LP-S500W は約15 秒間かかります。

SHT:シャッタ
    内部シャッタの開閉を制御します。(※DIPスイッチNo.2をONに設定)
    ・コントローラ背面のDIPスイッチ(No.2)がOFFのときは、このコマンドによる内部
     シャッタの制御を行なうことはできません。
    ・既にシャッタオープンの状態で、シャッタオープンのコマンドを送信すると、異常受信
     応答データ(NAK03)を応答します。
    ・印字中にシャッタクローズのコマンドを送信した場合、その印字が完了してから内部
     シャッタを閉じます。

STS:ステータスリクエスト
    レディ状態やエラー発生状態などの、レーザマーカの稼働状態を要求します。
    ・レーザマーカの稼働状態:
      エラー発生状態、レーザ励起状態、印字レディ状態、トリガ状態、
      シャッタおよびコマンド受付モード(MKM コマンド)の状態
    ・シャッタが開いている状態で送信可能です。
     また、「コマンド受付許可(MKM コマンド)」で「受付モードON」状態にする必要もあり
     ません。
    ・アラームやワーニングが発生している場合でも、受付可能です。

MST:印字ステータス送信許可
    印字終了時に印字結果( 正常終了かエラー発生かなど) を自動応答する設定をします。
    ・印字ステータス送信許可を設定後、インプットターミナルや通信ポートから印字トリガ
     を受け付けると、印字が正常に終了した時や、印字エリア外に文字列が設定されてしま
     い正常に印字ができなかった場合などにステータスを送信します。
    ・印字ステータス機能を使用する場合は、リモ-トモードに入る毎に送信許可を設定して
     ください。
    ・印字ステータスの送信許可は一度設定すると、リモートモード期間中有効となります。
    ・リモートモード解除時に印字ステータス送信は、デフォルトの送信禁止に戻ります。

ECR:エラーコード
    エラーが発生している場合に、そのアラームまたはワーニングのエラーコードを読み出し
    ます
    ・シャッタが開いている状態で送信可能です。また「コマンド受付許可(MKM コマンド)」
     で、「受付モードON」状態にする必要もありません。
    ・アラームやワーニングが発生している場合でも、受付可能です。

FNO:ファイル変更 [番号指定]
    ファイル番号を指定してファイルを切り替えます。

CNT:カウンタ条件
    カウンタの条件を設定します。
    ・カウンタの条件:カウンタ番号、現在値、初期値、終了値、ステップ、カウント源、
             日付変更時リセット

CTR:カウンタリセット
    カウンタの現在値を初期値にリセットします。

GID:ガイド LD 表示
    印字位置確認用の赤色ガイドレーザの照射を制御します。
                       (※DIPスイッチNo.2をONに設定)
    ・本コマンドは、コントローラ背面のDIPスイッチNo.2を「ON」に設定している場合のみ、
     使用可能です。
    ・ガイドレーザ照射は、内部シャッタを閉じている場合または、コマンド受付モード
     (MKM コマンド)で「受付モードON」状態になっている場合に、照射を開始することが
     可能です。
    ・ガイドレーザの照射開始・停止時には内部シャッタの開閉を自動で伴います。
    ・ガイドレーザの停止を行なわない場合も、約1分後にガイドレーザは自動的に停止し
     ます。このとき、内部シャッタは自動的に閉じます。
    ・コマンド受付モード(MKM コマンド)を「受付モードON」にしてからガイドレーザを
     照射、停止した後、コマンド受付モード(MKM コマンド) を「受付モードOFF」に戻す
     と、シャッタは自動的に開きます。
    ・ガイドレーザの照射中に、別の動作を行わないでください。

シリアル通信では対応できない制御

 以下の制御は、シリアル通信では対応できません。必要に応じて配線してください。

 ●インプット/アウトプットターミナル

  ・リモート入力(端子番号:X 5
   ※リモートモードへの移行方法は、DIPスイッチNo.5およびNo.6にて設定します。
  ・エンコーダ入力(端子番号:X 7 [A相]、X 8 [B相])
  ・アラームリセット入力(端子番号:X13)
  ・レーザストップ1入力(端子番号:X14) ※配線が必要です。
  ・レーザストップ2入力(端子番号:X16-X17) ※配線が必要です。

  ・スタンバイ出力(端子番号:Y 4)
  ・リモート出力(端子番号:Y 5)
  ・マーキング出力(端子番号:Y 7)
  ・レーザゲート開要求(端子番号:Y11、LP-Mxxx-S/ -MAxx-S タイプのみ)

  ※これらの入出力を有効にするには、X2:IN COM.および Y2:OUT COM.への、制御電源の
   接続が必要です。

 I/Oコネクタ

  ・ランク機能/外部オフセット
  ・タイムホールド入力(端子番号:23)
  ・日付ズレ出力(端子番号:31)
  ・カウンタ終了出力(端子番号:32、33、34、35)

  ※I/Oコネクタの、No1:IN COM.および No37:OUT COM.は、それぞれインプット/アウトプット
   ターミナルの X2:IN COM.および Y2:OUT COM.と内部で接続されています。
   インプット/アウトプットターミナルにて制御電源と接続されている場合は、接続は不要です。

 ●その他

  ・インターロックコネクタLP-M/ -MA シリーズは2個LP-Z/ -S/ -S500W シリーズは1個。)
     ※配線が必要です。

  ・レーザゲートLP-Mxxx-S/ -MAxx-S タイプのみ) ※配線が必要です。

  ・変位センサ入力コネクタ(LP-M/ -MA シリーズのみ)
     ※使用しない場合は、付属の変位センサ入力コネクタを接続してください。

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る