パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

LP-310シリーズ:「I/O制御」と「コマンド制御」の併用はできますか

ID:
41414
公開:
2021年05月26日
更新:
2021年09月24日

LP-310シリーズ:「I/O制御」と「コマンド制御」の併用はできますか

回答

LP-310は

/O制御:I/コネクタコマンド制御RS-232C

ファイル番号変更を除いて併用できます


 ・LP-310起動後にファイル番号変更」を、最初に行った制御

   「ファイル番号変更」行える事となり、他方の制御は無効となります。


 ・この状況はLP-310再起動でリセットされます



/O制御:I/Oコネクタにて「ファイル番号変更」を行った場合


 ・/O制御:I/コネクタ

   →全ての制御が利用可能です。


 コマンド制御:RS-232C

   →「印字トリガ(MRK)ステータスリクエスト(STS)

        「任意文字列(STR)印字ステータス送信許可(MST)

     利用可能です


   →「ファイル番号変更(FNO)無効となります

②「コマンド制御:RS-232Cにて「ファイル番号変更」を行った場合


 /O制御:I/コネクタ

   →「ファイル選択入力(D0~D6)」は無効となります

    その他の制御利用可能です。


 コマンド制御:RS-232C

   →コマンドは全て利用可能です。


LP-310電源を再投入により優先される制御はリセットされます。


④I/Oコネクタ出力信号は、①②に関係なく全て利用可能です。


カウンタ値の確認(CNT R) をする場合


 通信コマンド(FNO S)でファイルを確定しておく必要があるため、②

 状態なり/O制御:I/Oコネクタでの、ファイル切り替えは無効

 なります



資料/信号、コマンドの一覧

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る