パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

HG-C1100L3-Pを使用。責任者以外の者が設定変更できないようにしたい。

ID:
41538
公開:
2022年01月19日
更新:
2022年01月26日

HG-C1100L3-Pを使用。責任者以外の者が設定変更できないようにしたい。

回答

可能です。

 

SC-LG2-CEF-PのRestore(リストア)機能を使用します。

リストア機能を設定すると、キー操作で設定値を変更(RESETを含む)しようとしても、変更を

受け付けられません。

 

 

《リストア機能 使用の場合》 (ポート1,3,5,8)にIO-LINKデバイスを接続して使用する場合)

 

1) SC-LG2-CEF-Pの使用各ポートにIO-LINKデバイスを接続する。

 

 

 

2) HG-C1100L3-Pのパラメータを、次の様に設定する。(例)

  

     (注1):パラメータ設定時は、Validation & Backupを、No   CHeckにする。

 

 

 

 

3) SC-LG2-CEF-PのConfiguration Tool ソフト(SC-LG-CEF)で、ポート1をRestore機能

   有効に設定する。 

 

 

 

 

 

 4) SC-LG2-CEF-Pの使用各ポート(ポート1,3,5,8)のPD(プロセスデータ)が取得できる。

 

 

 

 

 

5) ポート1のHG-C1100L3-Pを、RESET操作する。

 

 

 

 

6) SC-LG2-CEF-PのConfiguration Toolソフト( SC-LG-CE) または、センサのデジタル

   表示部で、HG-C1100L3-Pのパラメータを確認する。

     ⇒ HG-C1100L3-Pのセンサパラメータ(データストレージ)が、RESETされていない

       (キー操作が、無効となっている。)

 

      (注2): HG-C1100L3-Pの画面を、RESET YESにしてTEACHキーを押すと、

           『-----』表示が数回点滅し、RESETできたように感じるが、実際には

           パラメータはRESETされていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 《リストア機能 未使用の場合》 (ポート1,3,5,8)にIO-LINKデバイスを接続して使用する場合)

 

1) SC-LG2-CEF-Pの各ポートにIO-LINKデバイスを接続する。

 

 

2) HG-C1100L3-Pのパラメータを、次の様に設定する。(例)

 

 

 

 

3) SC-LG2-CEF-PのConfiguration Tool ソフト(SC-LG-CEF)で、ポート1をNo Check

   設定する。 

 

 

 

 

 

 

 4) SC-LG2-CEF-Pの使用各ポート(ポート1,3,5,8)のPD(プロセスデータ)が取得できる。

 

 

 

 

 

 5) ポート1のHG-C1100L3-Pを、RESET操作する。

 

 

 

6) SC-LG2-CEF-PのConfiguration Toolソフト( SC-LG-CE) または、センサのデジタル

   表示部で、HG-C1100L3-Pのパラメータを確認する。

     ⇒ HG-C1100L3-Pのセンサパラメータ(データストレージ)が、初期状態(工場出荷

       状態)にRESETされている。 キー操作が、有効となっている。)

 

 

 

 

 

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る