パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

SL-VHM1でI/Oチェックしたいが、取説の内容がまったく理解できない。

ID:
41588
公開:
2022年05月09日
更新:
2022年05月17日

SL-VHM1でI/Oチェックしたいが、取説の内容がまったく理解できない。

回答

取扱説明書の内容がわかりずらい、とのことで、ご不便、ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

 

 次のような手順で、I/Oチェックをお試しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 【I/Oチェック手順】

 

 《入力側》  スイッチ(入力機器)ONで、アドレス0がONするか?確認します。

 

   1) Q00UCPUは、STOPにします。

     

      

  

  2) SL-VHM1のモード切換スイッチを、SLAVE MODE にします。

 

      

 

 

  3) SL-VHM1の入・出力アドレス表示は、“OUTPUT”に設定します。

     (ここが、ポイントです。)

 

     IN(入力機器)をチェックする場合、S-LINK VシステムにSL-VCH21(入力)

     から信号を入れ、SL-VHM1へ出力(OUTPUT)させて、データモニタ表示灯

     を確認します。

     このため、入・出力アドレス表示は、“OUTPUT”に設定します。

 

      

 

      

  4) SL-VHM1のENTERキーを押し、ADDRESS表示部を点滅させます。

     アドレス0をチェックするため、▲、▼キーで0を設定します。(注4)

     設定が終了したら、ENTERキーを押します。(点滅 ⇒ 点灯)

 

        

 

        

     (注4):ADDRESS表示部に設定するのは、先頭アドレスです。

         また、チェックできる点数は、16点です。

         したがって、アドレス『0』を設定すると、データモニタ表示灯でチェックできる

         アドレスは、0 ~ 15の16点となります。

         例えば、ADDRESSを『16』に設定すると、データモニタ表示灯でチェック

         できるアドレスは、16 ~ 31の16点となります。

 

 

  5) スイッチをOFF ⇒ ONにします。

     

     SL-VCH21の入力表示灯(緑):点灯

     SL-VHM1のデータモニタ表示灯 0:点灯

     になれば、OKです。

 

        

 

 

 《出力側》  アドレス256 ONで、リレー(出力機器)がONするか?確認します。

 

   1) Q00UCPUは、STOPにします。

  

      

 

   2) SL-VHM1のモード切換スイッチを、SLAVE MODE にします。

 

      

 

 

  

  3) SL-VHM1の入・出力アドレス表示は、“INPUT”に設定します。

     (ここが、ポイントです。)

 

     OUT(出力機器)をチェックする場合、SL-VHM1のデータ入力スイッチから

     S-LINK Vシステムに信号を入れて、SL-VCH21の出力アドレスに出力し、

     出力機器を動作させます。

     このため、入・出力アドレス表示は、“INPUT”に設定します。

 

 

      

 

  4) SL-VHM1のENTERキーを押し、ADDRESS表示部を点滅させます。

     アドレス256をチェックするため、▲、▼キーで256を設定します。

     設定が終了したら、ENTERキーを押します。(点滅 ⇒ 点灯)

 

 

        

 

  5) SL-VHM1のデータ入力スイッチ『0』を、OFF ⇒ ONにします。

 

 

  6) SL-VHM1のENAVLEスイッチを、1秒長押しします。

     (ENAVLE表示灯 緑点灯)

     

     SL-VCH21の出力表示灯(橙):点灯

     リレー動作

     になれば、OKです。(注5)

 

     (注5):I/Oチェックにより、リレーに接続した機器(アクチュエータなど)が、直接、

         動作します。(シーケンス制御以外の動作)

         これが問題となる場合は、機器の電源を落とすなどの対策を施してください。

 

        

 

     (注6)ADDRESS表示部に設定するのは、先頭アドレスです。

         また、チェックできる点数は、16点です。

         したがって、アドレス『256』を設定すると、データ入力スイッチでチェックできる

         アドレスは、256 ~ 271となります。

         例えば、ADDRESSを『272』に設定すると、データ入力スイッチでチェックできる

         アドレスは、272 ~ 287となります。

 

 

 【I/Oチェック データの流れ(入力側)】

 

 

 

 

 【I/Oチェック データの流れ(出力側)】 

 

 

 

 

 

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る