パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

LP-GS/RF /RV:エラーコード「E402、E403、E501、E600」とは

ID:
41666
公開:
2022年08月10日
更新:
2022年08月10日

LP-GS/RF /RV:エラーコード「E402、E403、E501、E600」とは

回答

E402,E403,E501,E600:I/O端⼦台の LASER STOP IN 端⼦が開放されました。

  ・対処:I/O端⼦台の LASER STOP IN 端⼦ X10 - OUT COM.1 および

     X11 - OUT COM.1 の接続を確認してください。

    LASER STOP IN 端⼦に接続されている、機器の状態を確認しください。


LASER STOP IN 端⼦

LASER STOP IN 端子はレーザ停止入力ですX10X112つの端子があります。

この端子が開放されると( X10OUT COM.1 または X11OUT COM.1 との間をOPENにすると) 、レーザを照射できない状態になります。


開放時の動作

レーザ照射の状態によって、開放時の動作が異なります。

レーザ非照射時内部シャッターじます。レーザ励起はONを保持します。

         アラームの発生。「E402E403E501

レーザ照射時 内部シャッターじます。レーザ励起をOFFします。

         ワーニングの発生。「E600


I/O端⼦のON/OFF状態

ILaser Marker NAVI smart の、I/Oモニタで確認できます。「運転モニタ」画面で「I/Oモニタ」を選択してください。

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る