パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

LP 400:GS1Databar の印字が薄い、削り残しの対応について

ID:
41694
公開:
2022年09月22日
更新:
2022年09月28日

LP 400: GS1Databar の印字が薄い、削り残しの対応について

回答

GS1Databarを印字する際に、

印字が薄い削り残しが発生する

場合には下記の要因が考えられます。


◆ワーク間距離のズレ

 レーザマーカは集光レンズでレーザ光を集光し、エネルギー密度を高め

 て印字しており、レーザスポットが一番集光される距離をワーク間距離

 (レーザヘッド接地面からワークまでの距離)と言います。
 対象ワークがこのワーク間距離からずれると、エネルギー密度が下がり

 印字が薄くなる症状が発生します。
 GS1Databarの印字で多く用いられるLP-430Uのワーク間距離は185㎜です。
 デュアルポインタや金尺などで距離を測定することで焦点が合っている

 か確認することができます。


◆レンズの汚れ

 煙やススなどの付着によりレーザマーカの集光レンズが汚れると、レーザ

 光の軌道が遮られ印字が薄くなることがあります。

 清掃方法は、埃などを光学レンズ用のエアダスタで吹き飛ばした後で柔ら

 かい布で軽く拭いて下さい。

 また、汚れがひどい場合はエタノールを染み込ませた布で拭いてください。

 汚れが付いたままの状態で使用すると、レンズに焼き付きが生じることが

 ありますので、定期的な清掃をおすすめします。



◆煙や粉塵によるレーザ遮光

 集光レンズへの汚れ付着と同じように集光レンズ と対象ワークの間に

 遮蔽物がある場合にも印字が薄くなることがあります。
 集塵機の効果が弱まり、印字時の煙が照射軌道に流れている場合などに

 この症状が発生することがあります。
 集塵機の正常稼働の確認や、吸気方向の取り回しなどにより改善する場

 合があります。



◆煙や粉塵によるレーザ遮光

 集光レンズへの汚れ付着と同じように集光レンズ と対象ワークの間に

 遮蔽物がある場合にも印字が薄くなることがあります。
 集塵機の効果が弱まり、印字時の煙が照射軌道に流れている場合などに

 この症状が発生することがあります。
 集塵機の正常稼働の確認や、吸気方向の取り回しなどにより改善する場

 合があります。



◆煙や粉塵によるレーザ遮光

 集光レンズへの汚れ付着と同じように集光レンズ と対象ワークの間に

 遮蔽物がある場合にも印字が薄くなることがあります。
 集塵機の効果が弱まり、印字時の煙が照射軌道に流れている場合などに

 この症状が発生することがあります。
 集塵機の正常稼働の確認や、吸気方向の取り回しなどにより改善する場

 合があります。

関連サイト
関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る