パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

ER-Vでエアーを吹かずに放電を続けるとどの様な影響がありますか。

ID:
4294
公開:
2011年08月24日
更新:
2015年04月14日

ER-Vでエアーを吹かずに放電を続けるとどの様な影響がありますか。

回答

放電状態でエアーの供給を停止しますと、放電針の周りのオゾン濃度が高まります。

これにより、次回の吹き始めにオゾン濃度が高くなります。オゾン濃度は日本産業衛生学会により許容濃度が0.1ppmと定められています。また、長期的には筐体内の樹脂等がオゾンにより劣化等の影響を受けます。

製品へエアを供給していない時には、放電停止入力(DSC OFF)を利用し、放電を停止するようにして下さい。

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る