パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

パルス出力(トランジスタ出力)を、モータドライバのパルス入力(フォトカプラ回路)に繋ぐ結線図に、2KΩの抵抗が繋がれていることの意味は?

ID:
4754
公開:
2012年03月30日
更新:
2015年05月28日

パルス出力(トランジスタ出力)を、モータドライバのパルス入力(フォトカプラ回路)に繋ぐ結線図に、2KΩの抵抗が繋がれていることの意味は?

回答

2KΩの抵抗を繋ぐことで、コモン電圧が5Vのパルス入力回路に対し、DC5V電源を使用せずに繋ぐことができます。

モータドライバのパルス入力回路がフォトカプラ回路の場合、殆どのケースではコモン電圧が5Vを

想定しています。

その場合の入力インピーダンス(フォトカプラに直列に繋がれている抵抗の抵抗値)は殆どが約200Ω

になります。

これに対して直列に2KΩの抵抗を繋ぐことで、総合の抵抗値が約2.2KΩとなり、コモン電圧が24Vの入力回路

と同等の回路となります。

通常では、制御盤の中にはDC5Vの電源が存在するケースが少なく、別途、DC5V電源を用意するには費用

が掛かります。

そこで、2KΩの抵抗を使用するだけで、5V電源を用意することなく、コモン電圧5Vのパルス入力回路を

駆動させることができます。

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る