パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

画像処理機M100及びM200の設定データのバックアップ方法について

ID:
5248
公開:
2013年03月28日
更新:
2015年05月12日

画像処理機M100及びM200の設定データのバックアップ方法について

回答
①弊社ホームページからVisionBackup-Toolをダウンロードして下さい。
   下記のURLから無償ダウンロードが可能です。
http://www3.panasonic.biz/ac/j/dl/software/index.jsp?series_cd=1749

②弊社製RS232CケーブルAFB85853をご用意下さい。

③VisionBackup-ToolをダウンロードしたパソコンとM100(M200)を
   RS232CケーブルAFB85853で接続します。

③M100(M200)の電源をoffにして頂き、モードを「B」に切り替えます。

④M100(M200)の電源をonにします。

⑤M100(M200)の通信環境の設定を行います。
   ・伝送速度:9600bps/19200bps/38400bpsの3種類から選択が出来ます。
   ・ビット長:8ビット
   ・ストップビット:2ビット
   ・パリティ:なし
⑥パソコンのVisionBackup-Toolを起動します。

⑦VisionBackup-Toolのメニューバーの「選択」をM100/200に変更します。
   (初期はA100/200です。)

⑧設定ボタンを押し、ポート番号を設定し、伝送速度を
   M100(M200)の設定と同じに設定します。

⑨バックアップボタンを押し、データをバックアップします。
関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る