パナソニック・ホーム 法人向けトップ > 電子デバイス・産業用機器 > 制御機器トップ > サービス・サポート > よくあるご質問(FAQ)

制御機器 よくあるご質問 制御機器に関するよくあるご質問を
掲載しています。

SF2Bとセーフティリレーの組み合わせでデジタルエラー『7』が表示されます。どうしたらよいですか?

ID:
5679
公開:
2014年02月04日
更新:
2015年04月14日

SF2Bとセーフティリレーの組み合わせでデジタルエラー『7』が表示され、リレーがONしません。どうしたらよいですか?

回答

【原 因】 外部デバイスモニタ異常です。

       SF2Bシリーズ受光器の外部デバイスモニタ入力(黄緑)と強制ガイド式リレーのb接点を接続

       していないことが原因です。(図1)

 

     

 

 

 

【対処方法】 SF2Bシリーズ受光器の外部デバイスモニタ入力(黄緑)と強制ガイド式リレーのb接点を接続

         してください。(図2)

 

     

 

 

     

 

 

【解 説】

 SF2Bシリーズには外部デバイスモニタ機能が装備されており、これを正しく機能させないと正常動作

 しません。

 SF2BシリーズのOSSDに外部デバイスとして強制ガイド式リレーまたはマグネットコンタクタを接続する

 場合、安全機能の喪失防止のため接点の溶着をモニタし、これを検出したら機械の再起動を防止する

 必要があります。

 このため、b接点を外部デバイスモニタ入力に接続してa接点の溶着を監視し、外部デバイスモニタ

 機能を働かせます。

 強制ガイド式リレーはa接点とb接点が強制ガイドにより繋がっているため、a接点が溶着した場合には

 強制的にb接点の接点間隔が0.5㎜以上保たれた状態(開状態)となります。

 この構造により、接点の溶着が監視可能となります。

 

関連カテゴリ
関連する質問

問題は解決しましたでしょうか?

はい

いいえ

キーワードから探す


電話でのお問合せ
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る